しわたるみの解消はフェイスリフトが効果が高い

フェイスリフトと名付けられた方法は「しわ」や「たるみ」に効果的な美容整形治療としてしられています。

「しわ」も「たるみ」も、老化をあらわすサインであり、特に顔にあらわれる「しわ」や「たるみ」は年齢を強く感じさせるものですから、とてもいやな存在ですね。

多くの女性、いえ、男性であっても、目の下のたるみを取りたいとか、頬のたるみを取りたいとか、口元のしわやホウレイセンを消したいと願ったことでしょう。

若いうちの「しわ」は乾燥によるものなら水分を補うことにより改善されますが、肌の老化による「しわ」の場合はそう簡単には改善できないのです。

紫外線などで肌の機能が低下すると、水分を補給するコラーゲンが減少し、弾力を失った皮膚が、顔などの体の動きにうまく対応しようとすると「しわ」が必然と必要にっなてくるのです。


「たるみ」は皮膚や皮膚の下の筋肉に張りがなくなってしまい、脂肪を引き上げられずそのまま垂れ下がってしまうことと肌そのものの老化によるたるみが原因で生じてきます。


フェイスリフトの治療では、このたるみやしわを引っ張りあげることで解消しようとする方法で、切開して、皮膚や皮下組織を耳元から引っ張りあげたり、糸をとおして、引っ張りあげたりする方法があります。

顔のたるみ自分で治す方法が人気

最近TVなどで、顔の体操、ヨガとか、ストレッチのようなもので、顔を若返らせるというのが人気です。

こんな経済状況では、若返り美容整形なんて、余裕のある人しかできませんからね。

自力で、顔のマッサージやストレッチで、若返りできるのならは、そりゃやりますよね。

頬のたるみとか、目の下のたるみとか、40歳を過ぎればどんどん気になるものです。

化粧品や美顔器でしわはある程度改善できたとしても・・・

さすがに筋力のおとろえによる顔のたるみはそれだけでは良くなりませんからね。

自分でたるみの解消ができる書籍がでていますが、本を見ただけではなかなかうまくできないかもしれませんので

DVDがついていて、映像でみてできるものがいいと思います。

目の周りの眼輪筋を鍛えると、結構目の下のたるみの解消などにもつながるようですし、やってみてはどうでしょうか?